活動報告

※最新情報・詳細は鳥取保険医新聞をご覧ください

歯科一次検討会

3月5日に米子市、8日に鳥取市で歯科一時検討会を開催しました。講師は当会の講師陣が担当しました。

経営セミナー 2020年度の診療報酬改定の解説

2月23日、鳥取市内で標記の経営セミナーを開催しました。講師は株式会社川原経営総合センター病院コンサルティング部の長岡秀和氏が担当しました。

第34回 広島国税局懇談

保団連中国ブロックは2月6日に第34回広島国税局懇談を行いました。中国ブロックの保険医協会から15名が参加し、鳥取からは2名が出席しました。

学術講演会 糖尿病の治療と実際

1月30日、米子市内で標記の学術講演会を開催しました。講師は鳥取大学第一内科群助教授の藤岡洋平先生が務められました。

医療改善・署名運動

患者署名「みんなでストップ!負担増」

 ご協力をお願いしておりました患者署名「みんなでストップ!負担増」は締め切りを5月末としておりましたが、新型コロナウイルス感染症対策の影響で、政府の各種審議会は中断されており、国が進める「患者負担増」の動きもこれからが山場となっています。
 そこで全国保険医団体連合会(保団連)では署名の取り組みをさらに継続すると決定しました。
 それに合わせて、鳥取協会も署名取り組み期間を12月末までに延長することになりました。引き続きのご協力を宜しくお願い致します。
 解説リーフレットや署名用紙は無料で追加注文を受け付けておりますので、ご入用の先生は協会事務局までご連絡いただきますようお願いします。


待合室キャンペーン「クイズで考える私たちの医療」

 10月上旬にクイズはがきを会員医療機関向けにお送りいたしました。
 国は医療福祉の予算削減をますます強めていますが、国民には十分に理解されていません。そこで、手に取りやすい「クイズ付きはがき」という形で、患者さんにお伝えしたいと考えています。ぜひご協力くださるようお願いします。
 クイズ付きはがきの返信の締め切りは3月8日になります。