鳥取県保険医協会とは

鳥取県保険医協会は、国民皆保険制度のもとで第一線の医療を担当している保険医(医師・歯科医師) が中心 となり、1982年(昭和57年)に組織した任意で自主的な団体です。当会の会員数は約570名です。
当会は保険医の生活と権利を守ると共に国民医療の充実と向上を図ることを目的として活動しています。
特定の政治的立場をとらず、常に会員の思想・政治的信条・政党支持の自由を保障する立場をとっています。

審査、指導対策 個別指導の通知が届いたらお電話を

「個別指導」に関するご相談にも応じていますので、通知を受け取ったらすぐに保険医協会までご一報ください。指導の概要や当日までの準備など親身に対応いたします。

また、希望者には協会役員による事前対策などの個別相談に応じるとともに、弁護士との連携を強め帯同弁護士を紹介できる体制を整えております。

そのほか、毎年厚生局への開示請求を行い、指導対象者選定情報や指導時の指摘事項などの詳細な情報をいち早く提供しています。

 

保険診療対策 保険診療の疑問を受け付け

保険点数の算定の仕方など日常業務での疑問・質問・相談をFAXなどで受け付けています。

また、2年に1度の診療報酬改定時には、正しく保険請求できるように分かりやすいテキストを発行するとともに、県内3ヵ所で新点数説明会を開催しています。

 

国、自治体、マスコミへの働きかけ

国や自治体に対して医療制度の改善を求めるとともに、保険医の要求をまとめ、患者負担の軽減や診療報酬引き上げの請願書名に取り組み、国会、地元選出議員に要請しています。

また、経済的理由による受診抑制など医療現場の実態等についてマスコミ会見を行い、県民に向けて医療の充実を呼びかけています。

 

日常診療に役立つ研究会

幅広い知識と技術を身につけ、よりよい医療を行いたいという会員の声に応えて、日常診療を向上させるための研究活動に取り組んでいます。現場ですぐに役立つ実践的なテーマは、地域医療を担う先生方にとても喜ばれています。

 

経営・税務・雇用サポート

経営、税務、雇用問題などの各種相談には税理士、弁護士、社会保険労務士など専門家と連携を図りながら対応しています。

近年増加しているスタッフや患者さんのトラブルについても、経験豊富な講師による研修会・講習会を開催し、対処法をご紹介しています。

 

豊富な情報提供 役立つ情報をいち早くお届け

経営問題、在宅医療、介護保険など、日常診療や医院経営に欠かせないテーマの出版物を発行しています。

文化・レクリエーション活動

会員、ご家族、従業員の方が交流できるさまざまな文化部行事やレクリエーション活動を開催し、非常に好評を得ています。

 

勤務医の相談窓口

開業をお考えの勤務医の先生方からの相談に応じています。「新規開業医の手引」を発行するとともに、開業資金に対応した融資制度など開業希望者へのサポートを行っています。

 

 

全国保険医団体連合会(保団連)とは

各都道府県すべてに保険医協会があり、その連合体が全国保険医団体連合会(保団連)です。1969年に設立さ れ、現在は全国で10万人が加入しています。保険医の生の声を取り上げ、医療行政に反映していきます。
各協会で様々な活動を独自に行い、必要に応じて全国的に連携を取りながら医療改善の活動を行っています。
特定の政治的立場をとらず、常に会員の思想・政治的信条・政党支持の自由を保障する立場をとっています。

 

 

医師会・歯科医師会との関係

医師会・歯科医師会は「医道の昂揚、学術の普及発展、公衆衛生の向上」を図る団体として、学術活動および行政と連携した事業を行っています。したがって保険医協会のように「保険医の生活と権利を守ること」を目的には掲げていません。

保険医協会と医師会・歯科医師会にはそれぞれ固有の目的と任務があり、鳥取県保険医協会は設立当初から相互の協力関係を重視して活動を進めています。